独立企業や開業|飲食店のPOS次第で売り上げが左右する!

飲食店のPOS次第で売り上げが左右する!

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

独立企業や開業

ラー麺

働き方を考える

高校や大学の時に進路や就職を考えるようになるが、日本のほとんどの人が、求人募集を見て、会社勤めになることが多い。もちろん親や身内が商売を行っていたり、事業家・社長の子供ですでに進む道が決まっている場合、スポーツアスリートやタレントを目指す場合を除き深く考えることもなく就職していく。しかし実際に社会に出ていくと、自分で人生を設計していくことになり、会社に勤めまっとうする人もいれば、会社員で稼いだ資金を元に起業や商売をする人も出てくる。実際にアーリーリタイアをし、40代、50代でラーメン屋など店舗を構え商売をする人も増えているように感じる。アメリカや欧州と違い、独立起業したり、商売をすることは日本では『危険で不安定』という認識から避ける傾向にあるが、開業の支援も増えてきている。

独立開業するときに

では独立開業、起業を考えたときに、何か特別な技術を持っている開発ができるなどがない場合は、飲食店やコンビニのフランチャイズからスタートする人が多い。ものによって初期費用の資金は異なるが、技術の習得や新商品開発の必要がないという点でフランチャイズによるは開業を考えた時にサポートをもらえる可能性のある開業方法といえる。実際に自分1人でラーメン屋さんをスタートするとしたら、店舗を確保すること以外にメニューの考案や食材の入手、求人の確保など資金だけでは開業ができないということが多いが、フランチャイズでラーメン屋をスタートする場合、メニューは本社から提供され、マニュアル化されていることが多く、実際に他のエリアでも同じラーメン屋さんを知っているということでお客さんが流入こともあり、広告や求人も本社が行ってくれることも多い。実際に人を雇うときに、求人だけでなく教育という面でも優れているのではと思われます。