飲食店のPOS次第で売り上げが左右する!

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんは多岐にわたる

治療

独立をしてみたいなら思い切って整骨院を開業するのもありです。整骨院の強みはどこの地域であっても安定して需要が存在する点です。ただ、整骨院を開業したい人のほとんどが経営に関しては素人なのを踏まえると、独立支援を行っているコンサルティング会社に相談をするのが安全です。

View Detail

注目されている国

建物

インドネシアは日本企業から注目を集めている国です。成長率や労働人口などメリットが多いのです。しかし支店形態で進出することはできないため、新規法人として外資か内資の形で会社設立するに限られることに注意しなければなりません。

View Detail

飲食業に最適の管理技術

レジ

USEN Register

posレジの価格や機能性をチェックしてみませんか?導入を希望しているなら、メリットを知っておく必要がありますよ。

売上をその都度記録

ファミリーレストランのような飲食店では、接客担当・調理担当・会計担当の仕事がそれぞれ分業化されています。このようなタイプの飲食店で業務の効率化に役立つのが、POSシステムです。POSシステムは、コンビニエンスストアなどの小売店でよく見かける売上管理システムです。商品に付いているバーコードを読み取ることで、会計時に販売情報を自動的に収録します。収録したデータは在庫管理や売上動向の把握などに活用できます。このPOSシステムには、関連するさまざまな機能を付加することができます。その1つが発注管理です。飲食店にあっては、客の注文を厨房及びレジに正しく伝えることが非常に重要ですが、POSを導入することで精度の向上を図ることができます。

誤発注の防止に貢献

言うまでもないことですが、レストラン等にあっては、商品である料理にバーコードを付すことはできません。そこで、飲食店でPOSを導入する際は、専用の小型キーボードやタッチパネル式端末などを使って注文を受けた際に売上情報を記録します。すると記録されたデータは厨房にある受信機器に送られ、接客担当者が直接伝達しなくても調理担当者がオーダーを正確かつ迅速に受け取ることができます。同じ情報はレジにも送信され、代金の精算事務の効率化に貢献します。もちろん、記録された情報は統計資料の基礎データに利用できます。人気メニューの分析や、食材の仕入量の調整など、さまざまな形で各店舗における経営戦略を策定する際に役立ちます。

独立企業や開業

ラー麺

ラーメン屋など飲食店をしようと考えたときに、サポートがもらいやすい状況になりつつある。特にラーメン屋さんの例でいうとメニュー考案や求人なども本社がサポートしてくれるフランチャイズからスタートすることもできる。他にもサイトや実際に支援してくれる場所も増えている。

View Detail